鳩の!

*検索ワード* なるほどなるほど/なんだろ
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ名で大体お分かりかと思いますが、この度「かにお会」を退会します。

※以後、血液型に関する超偏見エントリとなりますので、気分を害しそうな方はご覧にならないでください。

わたし、占いが結構好きなんですよ。
好きと言っても四六時中気にかけてることはなく、
何かに迷った時とか、後押しが欲しい時、勢いに乗りたい時に、
星占いのラッキーアイテムとかラッキーカラーを見たり、
あの人ともっとスムーズに付き合うにはどうしたら良いだろうと思った時に、
なんとなく血液型を聞いてみたりする程度なんですけど。
でも、思春期女子の時はすごーく気にしてたかなぁ…。

「○くん魚座だって!わたしと相性良いみたい!!!」
「○くんB型なんだってー。B型の面倒を見れるのはO型だってよくいうよねw」

とかね。
星座や血液型で運勢や性格なんて判断できないのかもしれないけど、
古代から星占いされてた証拠が残ってたり、
血液型診断の本がベストセラーになっていたことがあるということは、
全てにおいてまんざらでもないんだろうなぁと思ったり…。

そんなこんなで、
わたしはかに座O型が本当に大好きで、
わたしと同じかに座O型さんは、
科学では解明できない部分でわたしと共通する部分があるんじゃなかろうか?と思って、
かに座O型の方々と「かにお会」なるものまで結成して、
ヲタ活動や海外旅行なんかをご一緒させていただき、
いつも仲良くさせてもらってたんですけど、
手術まで1ヶ月を切り、術前検査に行った際に事件は起こりました。




術前検査が全て終わり、検査報告書なるものを手渡されてびっくり(゚д゚)!
blood1.jpg

え?訳が分かりませんでした。
blood2.jpg

結果値がOじゃない。
blood3.jpg

結果値はB。
blood4.jpg

Bって書いてある気がする。Bって。

一緒にいた母親に、
「お母さん、血液型Bって書いてある。」
と言ったか言わないかの内に、
そこを歩いていた知らない看護師さんの袖をつかんで聞いてた。

鳩「この、これのここの部分って、B型っていうことでしょうか?」
看「…そうですね、血液型B型という内容です。」

と、看護師さんが答えたか答えないかの内に母親が崩れた(苦笑)

鳩「お母さん!お母さん!」
看「大丈夫ですか?」

と、まさにドラマのように肩を抱えた時に、母にスイッチが入ったように思う。
母「B型なわけがない。どうして鳩ちゃんがB型なの?間違ってるに違いない!!!」
(たぶん母のバックミュージックはショパンの幻想即興曲w)
と、いうことで、血液検査したところへ戻ることにしました。

足早に移動している時に、わたしにもどんどん襲ってきたよね。

よりによってB型。

よりによってB型。

よりによってB型。

このわたしがよりによってB型。

ガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!
※こんな古い顔文字使えるとは思わなかったw

わたしは天真爛漫なO型。
O型は世の中の潤滑油。
A型とB型は性格が正反対?
でもでも大丈夫!O型のわたしがいれば全て丸く収まりますよ!
なんてったって、O型女性は世話好きなアネゴ肌ですからね!
と思って生きてきたわたしが、
よりによってマイペースで協調性が無い(一般論ですよ)B型だなんて…。
なのでO型には、O型であるがゆえの使命感みたいなものまで感じてました。
そんな経緯があったので、雄一さんに対しても、
雄一さんは、かつんの中でひとりO型で大変だね。
かめなし様(B)にたっちゃん(B)、たぐち(AB)に置いてはスルーするとしてw、
※AB型はそういう扱いされることが多いですよねw
でも大丈夫!O型は世の中の潤滑油!
尖った連中を滑り良くまとめるのがあなたの使命。
そして、雄一さんなら出来る!!!
そしてそして、同じO型として雄一さんに世界一共感できるわたし!!!!!

わたし(の血液型)って素晴らしい*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ (´Д⊂ヽ

と、自分を盛り上げながら生きてきたのに、
そんなわたしが…、
実は尖ってて、
滑らせているつもりが滑らせてもらっている側の人間でw、
こちらサイドの人間ではなく、あちらサイド(尖った連中の方ねw)の人間だったなんて…。

母に及んでは、
「血液型って生きている上で変わることってあるんでしょうか?(真顔)」
とまで聞く始末で、
…無いよwww
と、思ったけど、わたし同様、ヒドく衝撃を受けていて可哀想だった。
ちなみに母親はO型です。
自信家のO型w
そんな母親が、母子手帳に間違いなくO型(+)と書いてあるというので、
今までO型であることに間違いはないのか帰宅後調べてみることに。

その後、母と一緒にランチに行きまして、
興奮さめやらぬなかB型であることについて語ったんだけど、
母からは、
・子供と同じ血液型じゃなくなることがすごく寂しい(世の中にたくさんいますよね?)
・O型談義が出来なくなるのが寂しい(親子そろってアレな感じで本当にすみませんw)
・人生において大切な思春期をO型で過ごさせてしまったことを申し訳なく思う
と、言われました。
特に最後は、
「中学生辺りからB型だと分かっていたら、
もっと自由気ままに、自分の好きなように生きてこれたかもしれない。」
と言われたんだけど、
母のB型に対するイメージと言ったら…(苦笑)
ちなみに母を擁護する意味で補足しますが、
父がB型です(爆)
なので、母にしてみたら、

「B型のスペシャリストですが、何か?(自慢)」

っていうのはあると思う。
だから尚更B型に対して持論を展開するんだと思う。

ただ、わたしもB型の人には似たようなイメージ(+のイメージですよ!)があって、
わたしの周りのB型のお友達は、
「人の目は気にしない」「ひとり遊びが上手」「いつも何かに熱中している」
みたいなところがあって、
自分のことを「自意識過剰」と分析しているわたしにとっては、
強くてたくましくて羨ましい存在の人達でした。

だけどやっぱり今までのO型人生を簡単には切り離すことはできず、
帰宅後、速攻母子手帳を見てみたんだけど、
母「ほら、ここにO型(+)って書いてある(自慢毛)」
と、言われたものの、O型(+)の後に「本人」と書いてあり、
鳩「ねえねえ、これってお母さんの血液型のことじゃない?「本人」て書いてあるし。」
というわけで、わたしの血液型はどこにも書いていませんでしたwww

ただ、小学生の頃に耳たぶから血を取られ、O型といわれた記憶があることと、
今回の検査で人為的ミスがあったかもしれない(母談w)ということで、
昨日、近所のクリニックで血液型検査をお願いしてきました(爆)
結果は1週間後。

かにおの方々には本当にご迷惑をおかけしました。
ごめんなさい。
たぶんB型だろうけど、これからも仲良くしてもらえると嬉しいです(土下座)

術前検査が水曜日だったので、
衝撃の事実から3日経過したんだけど、
正直、O型にすごく愛着があったので、まだもやもやしてる…(苦笑)
だけど、こんなの見ちゃったりしたら、本当にB型かも?と思う自分もいたり…w
(※AB型さんのところ、ちょっとたぐちとかぶる気がしませんか?(´Д⊂ヽ)
いやいや、わたしはB型なんですよ、びーいーがーたー(じたばたじたばたw)

で、こういう感じの思考が星座にも息づいています(爆)
母に聞いたよね?誕生日は間違ってないかってwww
生活環境や境遇によって性格なんて変わってくるのは分かる。
でも、星座や血液型占いが存在する以上、気にはなるかも!?
当たるも八卦、当たらぬも八卦程度でね。

-----------------------------

フランスで血液型を聞くということは……

血液型を聞かれることが嫌な人は15.7% 圧っっ倒的に目立つB型の人たちの声!
「一説によると、科学的根拠がない性格診断でも、その診断言説が人々の間に浸透すると、それに引きずられて各人の性格が診断言説通りになってしまうという指摘があります。」
…まさにわたしですw

相性抜群!O型男子とB型女子のカップルが相性が良いと言われるワケ☆
…ホントかよ?(・∀・)ニヤニヤ
該当の記事は見つかりませんでした。
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。