鳩の!

*検索ワード* なるほどなるほど/なんだろ
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「充電期間」て重大な事件だったんだ!!!

かつん10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”のラスト3日間行ってきた。

最終日は開演5分前からかつんコールが始まり、
否が応にも盛り上がざるを得ない雰囲気だったんだけど、
そこまでの雰囲気に押されておきながら、
正直、「充電期間」はかつん史に残る一大事件として、
教科書にアンダーライン引いておかなきゃいけないことだと思っていなかった件。




何が正しい情報なのか分からないので、
わたしの気持ちや憶測、あやふやな記憶度100%でテキスト化しますけど、
30日の公演の挨拶の時点で、明日は大変なことになるぞとは少し思った。
挨拶の時のたっちゃんの目が(わたしからは)赤めに見えたことと、
ちょっと思い出せないんだけど、雄一さんの挨拶からもそんな雰囲気がぷんぷんしてたから。

そして、1日の充電期間前最後の公演での挨拶。
雄一さんが充電期間に対してすんなりと飲み込めなかったことは、
今回のツアーパンフを拝見していたので知識としてはあったけど、
最後の挨拶の時にも再度、
・充電期間にどこか納得出来ない部分があったこと
・今回のジャッジ(充電期間に入ること)がベストとは言えないこと
・時間が経って(やっと)後ろ向きなものではないと(心の)整理がついたこと
以上、わたしの耳に特に残った3項目から、
これはただごとではないぞ、と。
この時、やっと初めてわたしにも充電期間の実感がわいた。

最終的には雄一さんも認めたから、
充電期間に入ってみることに決定したんだとは思うけど、
決まった中には雄一さんの「了承」もあるのだろうけど、
充電期間に入らざるを得ない何かがあったんだろうね、きっと、たぶん。

たっちゃんも、「充電期間を戦う」って言ったもんね。
かめなし様も「かつんを守るために必要な時間」って言ってたもんね。

なので、たぶん、きっと、わたし達の世界では想像も出来ないような、
かつんと芸能の世界の中に、
様々な諸事情、裏事情、大人の事情がいーっぱいあるんだろうなぁ…って。
それは契約だったり、金銭だったり、内容はすごく多岐に渡るんだろうと。

そして、今までも色んなことがあったけど、
なんとなく…と、言っては失礼か、
でも、多大な努力と言っても失礼なような…、
とにかく困難は乗り越えてこられたけど、
今回はついに乗り越えられなかったんだろうね。

乗り越えられなかった原因がたぐちかどうかは分からないよ?
でも、初日の名古屋から、あいつだの、たぐちだの出口だのって言ってたから、
たぐちが原因ではないような気はしてる。
仮にたぐちの脱退が充電期間に入る原因だったとして、
充電期間の原因になるような人の名前を楽しそうに出すかな…。
いや、分かんないけどね。

そして、昨日から充電期間に入っちゃったけど、
入ってしまった以上、入った中で上手く乗りきるしかないよね。
「乗りきる」表現って間違ってるかな。
今は声を大にして言えなくても、
声を大にして言えるようになった時に、

「あの時、充電期間に入る必要とかありました?」

って、言ってやれれば良いんだよと思ってる。
雄一さん、言いたいよね?(爆)
雄一さんならさらっと言える!!!
言いたくないかな?わたしは言いたい。いつになったとしても言いたい。

なので、表向きの関係者の方々だけじゃなく、
本当に色んな意味での関係者の方々が来てた中で、
充電する必要があるのかよーな未練交じりの雄一さんの挨拶は、
様々な規制があるだろう中では上出来だったと思ってる。

わたしも、好きなタレントさんがここまでの窮地に立たされるのをみるのは初めてで、
そして、窮地に立たされるような理由が全く分からないので、
正直、すごくとまどってます。
貢献度が分かりやすいCDも買わせてもらえなくなるわけですから、
雄一さんじゃないけど、ホントどうしたら良いんだろうね。
ジャニウェブとか会報をこまめにチェックしてるだけでいいの?
関係者の方々には、ファンが活動方法を模索している内に、
早急に調整や整理を行って欲しいと思ってます。

はー、窮地に立たされているとかサラっと打ってる自分に驚き(゚д゚)!
なんとかしたい、なんとかー(じたばた)
該当の記事は見つかりませんでした。
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。