鳩の!

*検索ワード* なるほどなるほど/なんだろ
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「永遠の0」見てきました。オカダーかっこ良すぎ(/ω\)

(たぶんネタバレたくさんあると思う)
先日、珍しく映画なんか見てきちゃったりなんかしちゃったりしました。
今一番心に残ってる感想は、
ストーリーどうのこうのよりも、
非常に残念ながら、

オカダーかっこ良すぎ(/ω\)

です(爆)
オカダーがかっこいいことなんて最初から知ってたけどさ、
戦闘機に乗ってる時の目が抜群にかっこ良すぎて、
あー、宮部氏の役はオカダーの他にはいないな…、と。
キャスティングの素晴らしさにまずは脱帽です。



お話自体は、うーん…。
もう一度拝見しても良いなとは思っているくらいなんだけど、
映画の途中から、
あーここは次こうなるんだろうな、やっぱり。
この人ってあの人でしょう?やっぱり。
そしてここでこれとあれがつながるのかな?やっぱり。
あの飛行機絶対そうだよね!?ほら、やっぱり!
みたいな感じで、そこを見せたい意図があるのは分かるんだけど、
伏線が繋がりすぎてる感じがして、すこーしだけお話に入り込めなかったかなぁ…。
ほんの少しだけね。
だけど、その伏線めいたお話のひとつひとつが器用に作られてて、
涙、涙、涙、涙で、涙が止まったと思ったら、また涙でw、
泣かずには見ていられない映画だった。
ひとりで見に行ったので、「鼻をすする」行為が非常に恥ずかしく感じて、
涙と鼻水を垂らしっぱなしで最後まで見るスタイルを決め込んだんだけど、
最後にブラウスの襟がびっしょびしょになってて冷たかった(爆)

我らがたっちゃんもすごく良い演技してたよね。
零戦に乗ってるシーンは当たり前ながら顔や上半身の演技しか見れない訳だけど、
目、たっちゃんの目がすごく良い演技をしてて、
スクリーンには他の部分も映ってるんだけど、
たっちゃんの目しか見てないって言うか、見れないって言うか、見えないって言うか、
すごく迫力のある良いシーンになってて嬉しかった。

どの人にまつわる話も涙、涙、涙だったんだけど、
景浦さん絡みの話が一番好きかな…。
景浦さんは義理と人情にあふれた立派な893さんになったのねと思って見てたんだけど、
公式を拝見すると「豪邸に住む謎多き住人」になってるね。
893じゃないのか…w
模擬空戦からの宮部さんに対する段階を踏んだ心情の変化が見ごたえあった。
模擬空戦シーンはね、オカダーも見ごたえあったよー(じたばたじたばた)
敵の背後にまわりこんだ時の顔ったらね、もう、ホントにかっこ良かったw

映画館では久しぶりに良い時間を過ごせました。
該当の記事は見つかりませんでした。
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。