鳩の!

*検索ワード* なるほどなるほど/なんだろ
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120512-13 SUPER JUNIOR WORLD TOUR “SUPER SHOW 4” in TOKYO(도쿄돔)

やっぱり行かせていただいた以上、
何かは残しておかないと、
未来の自分がかわいそうになってきたのでw、
きちんととかきれいにとかじゃなくて、
思い出したこと雑多に残しておくことにした。
曲名とかあんまり覚えていないので(爆)、
いつも通りメンバーさん別にまとめておいてみる。
(SJさんではいつも通りなんですw)

:::今回のわたしのSJレベル
・SJさんはみんな好きだけどイェソンおっぱが不動の1位
・SJさんはみんな好きとか言いながら、シウォンちゃんとドンヘおっぱが次点(だと思ってる)
・間違いなく歌うであろう♪OperaのCW曲、♪Wayを聞かずに参戦(汗)
・コール厨のくせにコールを復習せずに参戦
・「~せず参戦」なのはかつんの全国ツアーあけだったから?(最大に爆で土下座)

相変わらず中途半端な感じで参戦してしまいました(土下座)
もしかしてもしかしたら、かつん関係のお友達も見てくれるかもしれないので、
担とか自担とか、韓国風そっち系の表現のところにはカッコ書きしておく。
そして、勢いだけで打ったので、誤字・脱字は後日チェックするー。




:::伊藤君(イトゥク)
色々と面白かった(爆)
自己紹介の時に、
伊「少女たちの大統領!」ペン(ファン)「イトゥクー!」
伊「少女たちの大統領!」ペン「イトゥクー!」
みたいなことをやらせていただいたんだけど、
会場を見渡す限り、少女の数は少なかったし、伊藤君も大統領ではない件w
今更って感じなんだけど、よくよく考えれば考えるほど笑いがこみあがってきた。
で、
伊「天使リーダー!」ペン「イトゥクー!」
伊「天使リーダー!」ペン「イトゥクー!」
みたいなのもやらせていただいて、
その際、伊藤君がステージ上を本当に全力でぐるぐるぐるぐる回ったんだけど、
なんと!!!本当はドンヘおっぱが挨拶をする番だった件w
その後気づいて、ドンヘおっぱが挨拶をしたんだけど、
伊藤君は先にしてしまったので、ドンヘおっぱで終わるのかな?と思いきや、
何もなかったかのように、
伊「少女たちの大統領!」ペン「イトゥクー!」
が始まった時は、本当に面白すぎて座席から転がり落ちるかと思った(爆)
わたしのお席からは、確信犯で再度挨拶しなおしたのではなく、
伊藤くんがまた普通に挨拶を始めたように見えたんだけど、
韓国の人ってそういうノリなのかな。
文化の違いっていうか、感覚の違いっていうか、
こういうところもわたし的には面白いところのひとつ。
で、伊藤君が多才なのは前から知ってたけど、
今回のソロではお歌ではなくドラムプレイをご披露。
カッコ悪くはなかったけど、
わたしの中の伊藤君は礼儀正しくて、攻撃的じゃなくて、ワイルドじゃなくて、
色で表現すると白で、そんなイメージだったので、
どちらかと言えば、お歌か、ピアノか、サックスか、なんかそんなのきぼんだったー><
伊藤君はやはりドラムに対してもとても礼儀正しく、
その失礼のない激しい叩き方がすばらしすぎて、頭が飛んでくるかと思った(爆)
髪の毛振り乱してても、ワイルドのそれとは程遠かったけど、
渾身の力が込められているのは分かった。
伊藤君…(涙)
そして、あのお辞儀。
あんなに感動するお辞儀のできる人っているのかな?
テキストではとても表現できないので、
伊藤君のお辞儀はいつも素晴らしいとまとめておく。
世界一のお涙アイコンだと思う。
伊藤君を見るだけで涙が自然と出てくる。
(今回は笑い涙含めw)
注:ファンのことはペンと言います。ファンをハングル読みするとペンだから。
注:今更ながら伊藤君の本名は「イトゥク」です(爆)韓国人なのに伊藤なんておかしいよね。
  イトゥクと伊藤は似てるので、某ちゃんねるから派生したあだ名…かな。

:::ドンヒちゃん(シンドン)
ここで残念なことを隠さずに打ちますけど、
ドンヒちゃんはお直しする前のほうがカッコ良くて好きだった!
お直しとは整形手術のことです(爆)
一重を二重に変えただけなんだけど、全然イメージ違う><
京セラさんの時もすでにお直し済みだったけど、
・・・渡辺徹さんに見える(爆)
ソロは京セラさんの時と同じ、♪Twinkle Twinkle Little Starで、
ロックダンスとシャッフルダンスをフューチャーさせたような感じで、
ドンヒちゃんのイメージに合っててすごく良かったんだけど、
ドンヒちゃんこそよじゃ(女)とイチャコラする、
ジャズファンクみたいなのを踊ってみたらどうかなぁ…。
きっとすごくカッコイイと思うんだよね。
そんなドンヒちゃんですが、
自己紹介させれば日本のお笑い芸人さんのネタをもってきたり、
55000人を相手に「変なおじさんを一緒にやってみたい」と盛り上げてくれたり、
ドンヒちゃんも他のメンバーさんに負けず劣らず気遣いの人なんだなーって、
今回は改めて気づかされて再感動した。

:::ミンくん(ソンミン)
ミンくんはね、前髪おろしてる方が好きなので、
今回、ミンくんを初めて見た時に、
「あ、前髪おりてるー!!!」とは思ったんだけど、
ミンくんのサラ毛が逆に活かされてる感じの髪型って言うのかなぁ…。
なんだろ、横の刈ってある面積が広すぎるっていうか(←結構見てる?w)、
わたしが期待していた前髪のおり方とちょっこしちがったので、そこが残念だった。
ここまで、伊藤君、ドンヒちゃん、ミンくんと若干辛口なところがありますけど、
イェソンおっぱのところで激甘になると思うので、たぶんバランス的にはよろしかと…w
で、そのミンくんですが、
ミンくんは本当に(SJの中では)日本語がお上手で、
発音もキレイで聞いてて安定感があります。言葉もたくさん知ってる。
ただ、最終日の公演の最後の方で、
伊藤君が日本語で何かを言いたかったんだけど言葉に詰まってしまって、
うん、あふれる思いを覚えたての日本語に乗せるのが難しかったんだろうね(涙)
そこで、「そんみん!そんみん!」と呼んで、ミンくんに助けを求めたものの、
ミンくんからあっさり「分からない^^」と返されてたwww
コンサートも終盤で、盛り上がってるところでの出来事だったので、
ミンくんもそんな急遽には対応できないよねw
でも、ミンくんの日本語はちゃんとミンくんの声で聞こえてくるのでとても好きです。
そして今回びっくりしたのが、ミンくんのソロコーナーね。
それこそ、よじゃ(女)とあんなことやこんなことを繰り広げるセクチーな感じのソロだったんだけど、
最初はよじゃ(女)がステージ上にいなかったので、
白いシャツにネクタイ、黒のパンツというよりスラックス出で立ちのミンくに、
何ワールドと名付けたら良いのか正直とまどう感じだったんだけど(失礼すみません)、
ボリュームのあるよじゃ(女)とのダンスシーンで、
ミンくん、きゃあああああああああああああああああああ!!!!!!!みたいな(///)
しかも、他のメンバーさんだったらよじゃ(女)とダンスなんていやん!なんだけど、
ミンくんの場合、もっとネチネチしろと思いながら見てた(爆)
最後にお決まりの、実際は唇が触れていないキスシーンて言うの?
首に手を絡ませてチッスしてる風に終わって、会場がきゃあああああ!となるみたいな。
実際思惑通りに、きゃああああ!とはなったんだけど、
わたしはそこのシーンではなく、
ミンくんがよじゃ(女…もういいですか?w)の体に沿って、
よじゃの頭から腰まで髪などを撫でながら顔を下げていくシーンがあったんだけど、
その時のよじゃのふくらんだ胸元とミンくんのお顔の距離が絶妙なエロさでね(爆)
最後のうそチッスシーンより、胸元プレイの方が沸騰した(再爆)
口元に手をあてて、「きゃあああああ!!!」という声がわたしから珍しく出たんだけど、
声と同時に、自分の体から水蒸気があがってるのが分かった(爆)
今、思い返すとあのソロコーナー、嫌いじゃない。
ただ、二日目はカメラのアングルが悪くて、
ふくらんだ胸元に押し寄せるミンくんのお顔は映らなかったんだよね。
期待してた(何を?w)から、すごく残念だった(にがわら)

:::ウニョ(ウニョク)
うにょの定型文が気になりましたw
・今会いにいきます
・君かわうぃーね 等々w
覚えた日本語のアップデートしてきてくれてないんだもん!w
お笑いにはウトいわたしですけれども、
さすがに「かわうぃーね」はもう古くないのかな?
そして、少女たちの大統領イトゥクですじゃないけど、
この人も「SJの宝石美男ウニョクです」って挨拶をするんだよね。
美男子ウニョクか、
宝石のような美男子ウニョクですじゃダメなのかな?っていつも思うんだけど、
ここも感覚の違いっていうか、表現の違いっていうか、
わたし的に面白いところ。
で、うにょはダンス班だけあって、ソロのダンスコーナーは圧巻だった。
寝てるよじゃにうそチッスするような、
「きゃああ!」なシーンもあったけど、
うにょの細マッチョ自体がセクシーなので、
ただ踊ってくれるだけで十分とも思ってる。
公演の中盤、電飾衣装での♪ミスプルなんてさぞかし体力的に大変なんだろうけど、
決めのダンスのところをキッチリ決めてくれるところとかはさすがだなって思う。
だけど、
話すとかわいくて、
茶目っ気があって、
うにょの良いところが全部見れて嬉しかった。

:::ドンヘおっぱ
(゚д゚)!
ドンヘおっぱの記憶がほとんどない(汗)
なんだかんだ言いつつ、うにょまでキーボードを軽やかに叩けてたんだけど、
ドンヘおっぱのところにきて止まった…。
やっぱり9人いると全員印象に残すのは難しいのかな。
そして、ドンヘおっぱはうにょと一緒に♪떴다오빠こそ歌ってくれたものの、
ソロコーナーはなかったんだよね。
それもあるのかなぁ…。
メインステで♪폭풍を歌ってる時に、
イェソンおっぱの座り方が、お歌を歌う上では不思議な体勢な感じがして、
他の人はどんな体勢で歌ってるんだろう?と思って見てみたのが、
ドンヘおっぱだったっていう記憶しかない(汗)
ちなみにイェソンおっぱと同じ体勢だったw
腐のこととか、腐女子さんのこととか、
こういった用語をここで使うことすらあってるのか間違ってるのかすら分からないんだけど、
トロッコにはやはりうにょと一緒に乗ってて、
この人たちガチなのかなぁーとは思った(爆)
Web上でよく、
「ウネ(うにょとドンヘのコンビ名です)好きの腐女子です」みたいな自己紹介を拝見するんだけど(爆)、
さぞかしステキなトロッコだったんだろうなとは思いながら見ていた記憶がよみがえってきましたw

:::シウォンちゃん
SJではカリスマ溢れるイケメン扱いで、
お家柄は財閥、敬虔なクリスチャンで、誰もが認めるジェントルマンなんだけど、
もうこの人には下ネタのイメージしかない(爆)
昨年の京セラドームの時に、
アンコールで目の前に来て下さったんだけど、
その時、グッズで販売されてるタオルを腰に巻いて出てきたのは良いんだけどね?
幸か不幸か偶然か必然か、
Suoerjuniorの「Super」の部分がちょうど股間のところにあって、
頬を赤らめつつも爆笑だったんだけど、
今回もまたやらかしてくれた件w
今回は、わたしの目の前をトロッコで通られる時に、
よりにもよってまたスーパーマンコスなんかしちゃったりなんかしてるもんだから、
ちょっとピチっとした感じの赤パンツをはいてるんだよね。
その赤パンツの股間の部分を、手で隠しながらお通りになられた*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ←
わざとコミカル?なことをしてるとは思うんだけど、
なんと!そんなシウォンちゃんがその日の公演のステージ上で転んで腰を打ちまして(涙)、
途中から出て来なくなっちゃったんだけど、
最後の挨拶の時に、
「本当は馬のように駆けて皆さんの方に走って行きたかったんだけど、
男として大切な部分の腰を打ってしまいまして…」
って、考えてみたら通訳さん(よじゃ)も、よくスラっと訳したなw
男として大切な部分=腰の方程式がなかったので、結構衝撃でね…www
あ、もしかして違う意味なんだろうか。
いや、深読みしても良い感じのニュアンスでシウォンちゃんは言ってた(ニヤニヤw
そんな下ネタ三昧のシウォンちゃんでしたが、
翌日は痛みをおしてステージに立ってくれて本当に嬉しかったです(うるうる)
そして、わたしはイェソンおっぱを見てしまっていたんだけど、
翌日も元気にトロッコ上で赤パンツを隠してくれていたようで(某rereさん情報w)、
下の方のネタに対しても、誠実でジェントルなシウォンちゃんが本当に大好きです!

:::リョウクちゃん
ここからお歌班の方々になるんだけど、
この人、本当にイヤだ(爆)
今回のわたしのSJレベルの中に、
・間違いなく歌うであろう♪OperaのCW曲、♪Wayを聞かずに参戦(汗)
っていうのがあるんだけど、
本当にちゃんと聞きこんでくれば良かった(´Д⊂ヽ
結局、会場で初耳状態だったんだけど、
リョウクちゃんのパートの時に鳥肌MAXになった。
リョウクちゃんの前のパートが、
これまたお歌班のイェソンおっぱとギュなので、
ただでさえ鳥肌立ちまくってるのに、リョウクちゃんでとどめね(白目)
リョウクちゃんの声と、パートのキーの高さの合い具合が絶妙で、
本当に胸がいっぱいになった。
胸がいっぱいってこういうことを言うんだなー…って。
で、リョウクちゃんのパートが終わって、深呼吸させてもらった記憶がある(爆)
あとは、ミンくんとのデュエットを披露してくれたんだけど、
これまた本家さん(AIさんの♪Story)とは全く違った雰囲気でもってこられて、
リョウクちゃんの底力を見た気がしました。
自己紹介では、「東京ドーム出身のリョウクです」って訳分からんがなとは思ったけど(爆)、
ドームでコンサートが出来る喜びを、
リョウクちゃんなりに考えてきてくれたんだなと思うとすごく微笑ましかったです。

:::ギュ(本当はキュヒョンて名前です)
きゅひょんには胸熱です!!!
一緒に行ったかにお会(かに座O型の会のことで、某rereさんとキャップのことです)の、
某rereさんが伊藤君で、キャップがきゅひょんペンなので、
伊藤君ときゅひょんは結構拝見させてもらったんだけど、
一番忘れられないのは、
歌声とか、ステージで踊ってる姿とかではなくて、
初日の最後の方で、花道の突端に立って手を振ってくれた姿。
そんなに近くはなかったんだけど、
真正面に立ってまっすぐこっちを見て(るように感じたw)、
手を振ってくれている姿は、
わたしの中ではとても胸熱で圧巻だったなー…(遠い目)
いつもつべで見てる(爆)、あのきゅひょんがこっち見てるー!!!!!
きゅっひょーーーーーーーーーーーーーーーん!!!さらんへー!!!だった瞬間w
なんか視線がね、
本当に何の不純物も混じってない真っ直ぐな目で、
わたしときゅひょんの間には、
観客54999人+きゅひょんを除くメンバーさん8人がいたはずなんだけど、
そこには誰もいない感じにさせてくれた不思議なきゅひょん。
きっと、わたしと同じ感覚に陥った人も多いんじゃないかな?
そんなきゅひょんからも、
コンサートを本当に一生懸命準備してくれた感じがすごく伝わってきて、
鳥肌とか、そういう感じじゃなくて、なんていうんだろうなー…、
「きゅひょーん!ありがとーーーーーーー!!!」ってすっごく伝えてあげたかった。
わたしなりに、おかしいほど手を振りまくったので、
ありがと感が伝わっていれば良いんだけれど…。
きゅひょん、本当にありがとう(うるうる)
普段は、ぎゅと呼んでいるのに、なんでここのレポだけきゅひょんなんだろうw
まあ、いいや(基本O型)
きゅひょんはお歌班でもあり、ダンシング・ギュでもあるので、
お歌にダンスにペンサービスにと、マルチに動いてくれていたように思います。

:::イェソンおっぱ
はー…。
前回、京セラに行かせてもらった時は、
なんでか分からないけど、イェソンおっぱに関してはメモしなかったんだよね。
そして、今またキーボードを打つ手が止まりそうなんだけど、なんでだろ。
う~ん…。
わたしが見たかった、カッコイイおっぱ、かわいいおっぱ、面白いおっぱ等々、
全部のおっぱを見せてもらえて本当に嬉しかったです。
イェソンおっぱの何が好きって、
もうどこの何が好きなのかは分からないんだけど、たぶん一番好きなのは顔(爆)
イェソンおっぱは、表情や角度によってお顔のギャップが本当に激しいんだけど、
東京ドームは会場が広いから、
色々なイェソンおっぱの顔があの大スクリーンに映し出されるのがすごく嬉しかった。
コンサートの前半は、
どちらかと言えば「悪い顔(口の端っこが上がっててニヤって感じの顔)」が多くて、
コンサートの後半は、「かわいい顔(笑うと目がなくなりますw)」が多かったように思います。
あとは自分からカメラに突進してきてくれて、愛嬌振りまいてくれたりした時も、
いちいち自席で「きゃー!きゃー!」言わせてもらいました(爆)
イェソンおっぱには日本語の定型文があって、
・お元気ですかー?
・帰ったら電話してー
っていうのが定型文なんだけど、
その定型文ですらつべで見ることが多いので(爆)、
生で聞けたのもまた感動で…w
定型文ももちろんそれはそれで感動したんだけど、
今回はちょっとアップデートもしてて、
・ちゅーして
って言うのもあった(///)
なんかさー、どちらかと言えばかわいい雰囲気でまとめてる人なので、
「(電話のポーズで)電話して」とか、「ちゅーして」とか、
甘え口調ではなく「してこいよ」的な感じだったり、
軽い感じで言われると、
雰囲気と言葉のギャップで、そんなことですら胸いっぱいになるんだよねw
その、「ちゅーして」の後に、
シウォンちゃんが早速イェソンおっぱにちゅーしに行ったんだけどw、
そんなシウォンちゃんを全力で拒否るおっぱもまた可愛らしくてね。
あと、当たり前に圧巻だったのはソロコーナー。
韓国のロックバンド부활の♪사랑할수록(愛せば愛すほど)を歌ったんだけど、
簡単に説明すると、韓国で「不朽の名曲」っていう、
アイドル歌手が歌唱力を競うような番組が放送されてるんだけど、
そこでイェソンおっぱが歌って優勝した時のお歌なんだよね。
まずは優勝した時の記事から→
「特にエンディングでは、イェソンの全てを見せるかのような爆発的な高音で、
歌い終わってからも客席はもちろん、控え室にいたアイドル歌手たちも圧倒され動けずにいた。」
これですよ。
つべでは目腐れするほど見ていた、
♪사랑할수록をまさか生で聞けるとは思わなかったので、
前奏が流れただけですごく感動で…。
つべで見ただけでも鳥肌だったんだけど、
あの広いドームであの歌を歌えるイェソンおっぱはやっぱりすごいなって、改めて思った。
歌だけで人の心が動くことってそうそうないと思うんだけど、
わたしは歌詞の意味も理解していないので、
本当に歌声だけで身動きできない状態にさせられたのは、今思えば幸せなことだよね。
あと、面白かったのは、
何の時か忘れたけど、伊藤君のほっぺにちゅーしに行って、
汗で滑ったのかなんなのか、もう一度口を拭きなおしてほっぺにちゅーしたりしてたなw
変な意味じゃなくて、伊藤君にちゅーしたくなったんだろうなー。
そんなところもイェソンおっぱっぽいっていうか、わたしの感覚には無いところっていうか、
文化の違いっていうか、全てが不思議で興味深くて、また見たいと思うところ。

はー、疲れた。

イェソンおっぱの感想は中途半端なんだけど、
これ以上はもう打てないので、
イェソンおっぱはギャップの塊だって思っておいてくださいー。
そのギャップの部分に骨抜きにされてるの(爆)
なので、イェソンおっぱからギャップさえ取り除いてくれれば、
胸がいっぱいとか、
双眼鏡で覗きたくない!覗くと絶対今以上に盛大にハマっちゃう><
あー、だけど今日は覗いちゃったー、禁をおかしちゃったー、どうしよー(じたばたじたばた)
っていう気持ちにならなくてすむ人です(爆)
兵役前に、もう一度だけで良いからギャップもりもりのイェソンおっぱを拝見したいな~*

-4 Comments

rere says..."本名訂正w"
伊藤くんの本名は、イトゥクじゃなくて「パク ジョンス」よw

私も記憶がなくならないうちに書かなきゃ!^^;
2012.05.16 17:47 | URL | #4vlN.j5I [edit]
鳩@レス says...""
>rereさん

こんばんはー(爆)
伊藤君の本名はパク・ジョンスだよねwww
JRの中でコメント拝見して、
本当にひとりで乗ってたのに噴いた(爆)
伊藤君以上に色々とおかしな人になりましたw
2012.05.16 21:15 | URL | #2ykNyDH. [edit]
カイタッチです says...""
鳩さま

こんにちは!
貝印 カイタッチ・プロジェクト!担当者の本郷です。
以前鳩さまにもご協力いただいた、
「カイタッチ・プロジェクト!(貝印についてブログで取り上げていただいたお客様に、直接コミュニケーションをとらせていただく)」の活動を続けてまいりましたが、
この度、2013年6月末をもちまして終了いたしました。

2008年より鳩さまをはじめ、多くのお客様にご協力いただき、
この活動を通して、たくさんの感動や学びを得ることができました。
本当にありがとうございました。

なお、お客様とのより双方向なコミュニケーションをとらせていただきたく、
貝印の公式Facebookページをスタートいたしました。
公式Facebookページでは、貝印の商品情報やお得なキャンペーン情報、
最新のオリジナルレシピなど、みなさまの生活をより豊かにする情報をお届けしていく予定ですので、
こちらもぜひ覗いてみてください!

▼貝印 公式Facebookページはこちら▼
http://www.facebook.com/kai.corporation

また、全国のパティシエを目指す高校生たちが、
世界にひとつしかないオリジナルスイーツで競う「貝印スイーツ甲子園」や、
貝印社員一人ひとりが地球環境と平和の為になにができるか?をテーマに学ぶ「カイタッチ・アース」も
Facebookページで情報を随時発信中です♪


▼貝印スイーツ甲子園Facebookページはこちら▼
http://www.facebook.com/kai.sweetskoushien

▼カイタッチ・アースFacebookページはこちら▼
http://www.facebook.com/KaiTouchEarth


今後とも貝印をどうぞよろしくお願い申し上げます。
2013.07.23 17:41 | URL | #- [edit]
鳩@レス says...">貝印の本郷さま"
わざわざすみません。
そしてありがとうございます。

「カイタッチ・プロジェクト」に参加させていただいたのも、
もうかなり前のお話なのに、
こうしてお知らせにきていただけたことがすごく嬉しいです。

本来のお仕事の姿って、まさにこれですよ!
パワーセールスからCRMへの転換、
企業は様々な形態を取ってきていますが、
こういうちょっとした心遣いで、
わたしみたいなタイプは簡単に「囲われて差し上げようかな?」って思います(爆)

わたしはこれからも貝印の物を使い続けますよー!
また面白い企画があったらぜひ参加させてください。
本当にありがとうございました。
2013.07.25 14:18 | URL | #2ykNyDH. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hatochimame.blog18.fc2.com/tb.php/4126-038914ce
該当の記事は見つかりませんでした。
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。